海洋力学分野のウェブサイトへようこそ

海洋力学分野(Ocean Dynamics Group;ODG)は,応用力学研究所/大気海洋環境研究センター(Center for  Oceanic Atmospheric Research; COAR)を構成する研究分野の1つです。総合理工学府 大気海洋環境システム学専攻 海洋変動力学研究室とも呼ばれます(学生さんの所属先)。海洋力学分野では、海況監視/予測に向けた技術開発・研究を進めるとともに、観測や数値的・理論的研究、既存データの解析を駆使して海洋変動の力学(仕組み・素過程)を解明する研究に取り組んでいます。日本沿岸域や東アジア海域に限らず、世界の海に通じる普遍性のあるテーマに幅広く挑戦しています。下には、最近の主だった研究分野を並べました(順不同)。興味のある分野をクリックしてみてください。




新着情報

2020年11月:磯辺篤彦教授が西日本新聞社の「第79回西日本文化賞 学術文化部門」を受賞しました 応研サイト

2020年10月:Tahira Irfanさんがメンバーに加わりました

2020年7月:磯辺篤彦教授の著書「海洋プラスチックごみ問題の真実: マイクロプラスチックの実態と未来予測」が出版されました 詳細

2020年7月:阿部稜・伊東大輔・島田浩明・松浦浩巳・吉武珠穂さんが「JpGU-AGU Joint Meeting 2020」で発表しました

2020年7月:磯辺篤彦教授が九州大学ウェブサイト内「Research Close-Up」で紹介されました 九大サイト

2020年4月:磯辺篤彦教授が文部科学大臣表彰「令和2年度科学技術賞 研究部門」を受賞しました 応研サイト

2020年4月:峯とも子・嘉村拓海・河野稜平・白石健気・高見健大朗さんがメンバーに加わりました

 

2020年3月:山口祐成・荒木賢太・城山航基・堤隆浩さんが修士号取得しました

2020年1月:吉武珠穂松浦浩巳さんが「The 16th Japan-Korea Joint Seminar on Ocean Sciences」で発表しました

 

2019年12月:松浦浩巳さんが「日本周辺海域の海況モニタリングと波浪計測に関する研究集会」で発表しました

2019年12月:花田由紀・田中美枝さんがメンバーに加わりました

2019年11月:吉武珠穂さんが京大の海洋物理学研究室ゼミで発表してきました

2019年11月:松浦浩巳さんが東大の日比谷研ゼミで発表してきました

 

2019年9月:山口祐成・荒木賢太・城山航基・藤田侑輔・堤隆浩・松浦浩巳さんが海洋学会で発表してきました

2019年8月:磯辺篤彦教授が内閣総理大臣賞「 第12回海洋立国推進功労賞」を受賞しました 応研サイト

2019年5月:藤嵜里美・山口祐成・荒木賢太・城山航基・藤田侑輔・堤隆浩さんがJPGUで発表してきました

2019年4月:吉武珠穂・伊東大輔・松浦浩巳・島田浩明・阿部稜さんがメンバーに加わりました

 

2019年3月:中田光 ・青谷裕史・石元伸・松原考平さんが修士号取得しました   

2018年9月:研究室全員で海洋学会に参加、青谷裕史・石元伸・中田光・松原考平・藤嵜里美さんが発表してきました

2018年8月:岩中祐一さんが博士号取得しました

2018年6月:磯辺篤彦教授が環境大臣賞「環境保全功労者表彰」を受賞しました 応力研サイト

2018年5月:石元伸さんがJPGUでドローン観測について発表してきました

2018年4月:山口祐成・荒木賢太・城山航基・藤田侑輔・堤隆浩さんがメンバーに加わりました